表記ゆれに対応してほしい

「表記ゆれに対応してほしい」

なぜ「表記ゆれ対策」は難しいの?

日本語はひらがな・カタカナ・漢字・数字・ローマ字と表記体系が多いだけでなく、英語等と異なり単語間にスペースを入れる習慣がないので、単語の区切りがわかりづらい言語です。
更に、漢字の字体(手帳・手帖)や、送りがな(お問い合わせ・お問合せ)が異なることもあり、省略(デジタルカメラ→デジカメ)や外来語の表記のゆれ(サーバ・サーバー)も発生するため、日本語の表記ゆれ対応は非常に難易度が高いといえます。

表記ゆれ対策の重要性

対策が難しい表記ゆれですが、対策できていないと検索結果が0件になる可能性が高まり、機会損失を招きます。ユーザーは「きっとあるだろう」と思い検索をしているので、ヒットしない場合や意図していない結果の場合、実際にはアイテムが存在していたとしても、「このサイトには探しているものはない」と考え、離脱の要因となりますので、表記ゆれはしっかりと対策をすべきです。

表記ゆれイラスト

「Advantage Search」ではひらがな⇔カタカナ、大文字⇔小文字、半角⇔全角、ローマ字、漢字かな交じりに標準対応しております。

漢字かな交じり

例「吾輩は猫である/我輩は猫である/わがはいは猫である」
このように漢字とかなの組み合わせが間違ったキーワードでも検索できます。

ローマ字

ローマ字で検索した場合にも正しくアイテムがヒットします。日本語の表記ゆれの中でも、特にローマ字の表記ゆれ対応は難しく、オートコンプリートのみ対応という検索も多くなっています。
しかし「Advantage Search」では、検索窓へ文字を入力した時のオートコンプリートだけでなく、実際にローマ字で検索した場合でも、ひらがな等で検索した場合と同じように検索結果が表示されます。これにより意図せずローマ字で検索してしまったときの、検索結果0件を未然に防ぐことができます。

同義語辞書

同義語辞書ではスマホとスマートフォンのような「同じ意味で使用されるが表記の異なる単語」を同義語として登録することで、両方の単語で同じように検索が可能になります。

もしかして機能

もしかして機能では検索結果を表示した際に、自動学習で検索キーワード候補を表示します。ユーザーは表示されたキーワードをクリックするだけで再検索でき、自動学習で表示されるので運営の手間もかかりません。

また、お客様個別のカスタマイズ対応も可能です。是非お気軽にご相談ください。

ローマ字交じりイラスト
他の課題を見る

Appiritsは、PC・スマートフォン・フィーチャーフォン等のマルチデバイスに対応したECサイトの開発や画面設計、デザイン作成、スマートフォンアプリ開発、アクセス解析コンサルティング、サイト内検索ASPサービス等のご提供によって、お客様のECサイトの活性化や売上向上をご支援させていただいております。

TOPに戻る