ユーザーの利用状況を把握したい

「ユーザーの利用状況を把握したい」

検索キーワード=ユーザーのニーズ

サイト内検索を行うユーザーは、なんとなくサイトを回遊するのではなく、検索窓への文字入力や絞り込み条件の選択等の障壁を乗り越えてまでアイテムを欲しています。そのため、検索キーワードは「このアイテムが欲しい」というユーザーの強いニーズであり、分析・把握し次の施策に活かしていくことは、サイトやアプリを運営する上でとても重要です。
サイト内検索は分析にとって宝の山ですが、近年Google Analyticsだけですとキーワードを取得しづらくなっています。そこでキーワードを分析するためには、複合的な分析を行うことが必要になります。※GoogleのSSL化により、オーガニック検索での流入キーワードが取得しにくく(not provided)なっています。

ーザーの利用状況を把握したいイラスト

「Advantage Search」では 分析機能が充実!

Advantage Searchでご覧いただける分析

サイトやアプリ内で単純によく検索されたキーワードや、検索結果0件になってしまったキーワードの閲覧が可能です。
更に、検索キーワード毎の「詳細遷移数」やGoogle AnalyticsやSearch Consoleでは取得しにくくなっている「カート投入率」「コンバージョン率」等も把握できるので「本当に効果があるキーワード」を簡単に把握することが可能です。また、アイテム毎に「流入キーワード」や「検索経由の購入率」等を把握していただくこともできます。
活用ガイドもご用意しており、専門スタッフのサポートも充実していますので、分析についてわからないことがあっても安心です。

分析イラスト
他の課題を見る

アピリッツでは、「ザ・インターネットカンパニー」という理念に基づき、「セカイに愛されるインターネットサービスをつくり続ける」ことを目指し、デジタル・トランスフォーメーション時代に対応し、進化したデジタル技術を用いて顧客のサービス、ひいては人々の生活をよいものへ変革するという考え方の基に事業の展開をしております。。

TOPに戻る